検証! ANA JCB ワイドゴールドカードとEdy・PiTaPa・QUICPay・nanaco

最強のANAカードとの呼び声の高いANA VISAゴールドカード。
しかし、やっぱりMade in JapanのJCBが好きだっていう方もいらっしゃるでしょう。私もANA JCBゴールドの会員です。(正確には、ANA JCBスーパーフライヤーズ ゴールドカード)
ここでは、ANA JCB ワイドゴールドカードと各種電子マネーとの関係を中心に紹介します。
また、末尾には、入会マイルを簡単確実に500〜5,500マイル加算できるマイ友プログラム(ANAカード公式の紹介プログラム)の情報を記載しています。

Contenuti

JCBは日本発の国際ブランド

ANA JCBカードの紹介の前に、まずJCBについて簡単に復習しておきましょう。
JCBは日本発の国際ブランドです。
国際ブランドというのは、決済システムをグローバルに提供する企業のことです。最大手のVISA、それを追いかけるMastercard、T&E(Travel and Entertainment)のAmerican Expresses とJCB、それにDiners Club の5社を5大国際ブランドといいます。
最近では、これらにディスカバリーと中国銀聯を加えて7大ブランドと称することもあります。
5大ブランドのうち、VISAとMastercardは決済システムの提供に特化していて、自らはクレジットカードを発行していません。 AMEX、JCBは決済システムを提供するとともに、自らもクレジットカードを発行しています。

ANA JCB ワイドゴールドカードとは

年会費

ANA JCBワイドゴールドカードの年会費は14,000円+消費税です。
無提携のJCBゴールドカードの年会費が10,000円+消費税ですから、これにANAワイドゴールドの様々な特典を追加する費用が4,000円ということです。

ANA JCB ワイドゴールドカードの特徴

このカードの特徴をANAワイドゴールドの機能とJCBゴールドの機能に分けてまとめてある図がANAカードの公式サイトに掲載されていたので引用します。

○Apple PayだけでなくGoogle Payにも対応しています。

ここには記載されていませんが、ANAゴールドカードの共通機能として、

  • ANA搭乗時のボーナスマイル
  • カード継続時のボーナスマイル

などがあります。
ANA搭乗時は、基本区間マイレージ×クラス・運賃倍率×25%がボーナスマイルとして加算されます。
カード継続のボーナスは2,000マイルです。


マイル移行手数料も優遇

ANA JCBカードのOki Dokiポイントからマイルへの移行は、1ポイント=5マイルコースと、1ポイント=10マイルコースがあります。
5マイルコースは手数料無料です。
10マイルコースは、一般カード・ワイドカードについては年間5,000円+税の手数料が必要ですが、ワイドゴールドカードは無料です。
そのため、ワイドゴールドでは、1ポイント10マイルコース(移行手数料無料)一択になっています。

ANA JCB ワイドゴールドカード × EDY

それでは、ANA JCB ワイドゴールドと電子マネーの関係を見ていきましょう。まずは楽天Edyです。

EdyはANA JCB ワイドゴールドに内蔵されいる

EdyはANAカードに内蔵されています。チャージは必要ですが、別のカードを持ち歩く必要はありません。

Edy使用時のマイル積算

Edyを使用した際のOki Dokiポイントやマイルは、

  1. ANA JCB ワイドゴールドカードから内蔵のEdyにチャージしたとき
  2. Edyで支払いをしたとき
  3. ANAモバイルプラスに加入していれば、Edy使用につきボーナスマイル

というふうに、最大三重取りになります。

1.Edyチャージでマイル加算

ANA JCB ワイドゴールドカードで内蔵のEdyにチャージすると、200円につき1マイルが積算されます。
次の図は、JCBの利用明細からの抜粋とANAのマイル積算明細の抜粋を編集したものです。

↑ JCB利用明細
↑ ANAマイル明細

2018年10月利用、12月振替分のEDYチャージが11月15日に積算されています。
積算日は11月15日ですが、月末になってようやくマイル明細に表示されます。
見ていただければ分かるように、合計57,000円のチャージに対して1/200の285マイルが積算されています。

JCBの明細に「備考」欄がありますが、JCBカードのOki Dokiポイントの対象となる決済履歴は、この欄に赤い点がつきます。Edyチャージは空欄になっていますから、Oki Dokiポイントは対象外です。

さて、このEdyチャージによるマイル積算ですが、対応しているカードは限られています。

  • ANA JCBワイドゴールド
  • ANA VISAプラチナ プレミアム
  • ANA ダイナース プレミアム
  • ANA JCB カード プレミアム
  • ANA ダイナース

の5種類のみです。
ANA JCB ワイドゴールドカード以外は年会費がかなりお高くなります。さらに、マイルの積算率はどのカードでも同じで、チャージ200円:1マイルですから、ANA JCBワイドゴールドは破格の待遇と言えます。

2.Edy払いでマイル加算

Edyでの支払いは、支払いごとに200円に対し1マイルが積算されます。199円の支払いは0マイルになります。
積算は、10日・20日・末日の月3回です。

↑ ANAマイル明細
↑ Edy利用履歴からファミリーマート分を抜粋

マイルの積算明細とEdyの使用履歴を照合しようとしたのですが、積算のタイミングが店舗によって違っているようで、うまく合わせられませんでした。
しかし、ファミマについては、前月末日から9日までの決済分を10日に、10日から19日までを20日に、21日から末日の前日までを末日に積算していることが分かったので、参考に利用明細を載せておきました。
(Edyの公式は、ちょっと取り回しがしづらかったので、Money Fowardから抜粋してきました。)
決済ごとに200円:1マイルの積算ですから、Edy利用履歴の上の行から順に、4マイル、1マイル、2マイル、1マイル、1マイル、1マイルで合計10マイルが11月10日に積算されています。
また、11月10日のボーナスマイルがついたマイル明細は、マツキヨのものです。

マツキヨ、紀伊國屋書店など、いくつかの店舗がEdyマイルプラスの対象となっており、通常マイルと同数のボーナスマイルがつきます。
ただし対象店舗は非常に少ないので、あまり大きなメリットとは言えません。

3.AMCモバイルプラスでマイル加算

Docomo、KDDI、softbankのスマホを使っている場合は、月額300円+税でANAマイレージクラブ(AMC)モバイルプラスに入会することで、さらにマイルを加算できます。
加算割合は、決済ごとに200円につき2マイル。つまり通常加算されるマイルの2倍のマイルが “AMCモバイルプラスEDYマイル”として別途積算されます。
私はauから格安SIMに乗り換えてしまったので、自動的にモバイルプラスは脱退になりました。参考に過去のデータを貼っておきます。

↑ ANAマイル明細

2018年2月は、月間合計で290マイルがAMCモバイルプラスEDYマイルとして積算されていました。
1マイル1円と考えると微妙ですが、マイルは使い方によってはもっと価値があると言われていますから、Edyをメインで使っている人にとっては検討する価値があるのではないでしょうか。

決済ごとに200円未満が切り捨てられる積算ルールはどうなのか

ANA JCBワイドゴールドでカード決済したり、QUICPayで決済したりした場合は、1か月分の決済額の合計(1,000円未満切り捨て)に対してOki Dokiポイントが計算されます。
どちらがより多くのマイルになるのか、各決済額や決済回数によって結果は様々だと思いますが、現在検証しています。結果は追って掲載します。

ANA JCB ワイドゴールドカード × PiTaPa

維持手数料に注意

PiTaPaは、1年間一度も利用がないと維持管理料1,000円が徴収されます。使う機会がないのに作ってしまうと、毎年1,000円の支払いが発生するので注意しましょう。

カードは別途

ANA PiTaPaカードを申し込むと、別途カードが一枚送られてきます。ANAカードには内蔵されません。

画像はANAの公式サイトからお借りしました。

PiTaPaはポストペイ

PiTaPaはポストペイのサービスです。
チャージの必要はなく、決済した金額は、紐付いているクレジットカードで引き落とされます。
京阪神地区ではJRも含め、鉄道・バスは、ほぼ全てPiTaPaに対応しています。したがって通常はチャージの必要はありません。
(JR西日本は平成30年10月に京阪神地区路線でPiTaPaポストペイサービスへの対応を開始しました。)

PiTaPaのポイント制度

PiTaPaは、ショッピング利用の場合に100円につき1ポイントの”ショップ deポイント”が付きます。交通利用ではポイントは加算されません。いずれの場合もANAのマイルもOki Dokiポイントも積算されません。
JCB利用明細の右端の欄に赤の点がないのが分かると思います。PiTaPaのポイント積算明細は公式で見つからないので掲載を省略します。

↑ JCB利用明細

ANAカード付帯のPiTaPaカードは、ポイントをANAマイルに交換することができますが交換レートは500ポイント=20マイルです。

わたしは関西在住のため、定期券の搭載用にPiTaPaカードも発行してもらっています。また、PiTaPaはポストペイなので、残高を気にせず電車やバスに乗れるのが最大のメリットです。
マイレージ重視で、しかもPiTaPaサービスエリア在住でない人にとってはPiTaPa入会は全然メリットがありません。むしろ維持管理料の罠があるので、デメリットの方が大きいと言えます。

ANA JCBワイドゴールド×QUICPay

QUICPayはポストペイ

QUICPayもPiTaPaと同様に別途カードが発行されます。
(画像はFeliCaのサイトからお借りしました。)

QUICPayで支払うのは、JCBワイドゴールドで決済するのと何ら変わりはありません。
QUICPayはポストペイなのでチャージの必要はありませんし、Oki Dokiポイントの対象にもなります。
しかし私は、このカードは使ったことがありません。ANA JCBワイドゴールドは常に持ち歩いていますから、これとは別にQUICPayカードを携帯しておく意味がありません。
ただ、各店舗のポイントは、クレカでは付かないが電子マネーなら付く、という場合があるので、そんなときにはQUICPayで決済するべきでしょう。

とはいえ、私がQUICPayを使うのは、Apple Payで決済するときか、後述するANA QUICPay+nanacoで支払うときだけです。やはり、QUICPayカードの出番はありません。

QUICPayのポイント制度

QUICPayはJCBカードに紐付いていて、Oki Dokiポイントが貯まります。
次のJCBの利用明細は、iPhoneに登録したANA JCBワイドゴールドカードでQUICPay決済したものです。通常のカード決済と同じ扱いになっています。
明細右端の備考欄に赤点がついており、Oki Dokiポイントの対象であることを示しています。
QUICPayの使用ではマイルは直接たまりません。Oki Dokiポイントからの移行が必要です。

↑ JCB利用明細

ANA JCB ワイドゴールドカード × QUICPay × nanaco

ANA QUICPay + nanaco

ANA JCBワイドゴールドにはnanacoカードは付帯しませんが、すでにnanacoカードを持っていれば、そこに搭載されているQUICPay機能を有効化し、ANA JCBワイドゴールドと紐づいたQUICPayカードとして使うことができます

これとは別に、ANA QUICPay+nanacoという、チップ搭載の尾翼形のキーホルダーを別途発行してもらうとnanacoも手に入れることができます。
ANA QUICPay+nanacoに内蔵されているチップにはANAのskipサービス、QUICPay、nanacoの三つの機能が搭載されています。
(画像はFeliCaのサイトからお借りしました。)

ANA QUICPay+nanacoのポイント制度

ANA JCBワイドゴールドからnanacoにチャージしてもOki Dokiポイントもマイルも貯まりません。nanacoを使ってもnanacoポイントが貯まるだけです。
ANA QUICPay+nanacoが本領を発揮するのは、セブンイレブンで使ったときです。

セブンイレブンではついついNanacoで払いたくなりますが、ANA QUICPay+nanacoのQUICPayで支払うと、マイル、Oki Dokiポイント Nanacoポイントの三重どりができます。
その仕組みは、こうです。
QUICPayでの支払いは、これまで見てきたように、Oki Dokiポイントの対象です。また、セブンイレブンでANA QUICPay+nanacoのQUICPayで決済すると、なぜかnanacoポイントも貯まります。そして、セブンイレブンはANAマイルプラスの対象店舗ですから、ANAのマイルも積算されるというわけです。

マイルは、決済ごとに200円につき1マイルの積算です。
JCB利用明細の上段から順に、0マイル、0マイル、2マイル、3マイル、1マイル、2マイルで合計8マイルです。

一方nanacoポイントですが、対象期間の200円以上の利用額の合計に対して、200円につき1ポイント付与されているようです。
JCBの明細から利用額が200円以上のものを合計すると、2,038円になりますから、10ポイント付与で計算が合います。

↑ JCB利用明細
↑ ANAマイル明細
↑ nanacoポイント

電子マネー×Oki Dokiポイント・マイルマトリクス

以上、ANA JCBワイドゴールドカードと各種電子マネーについて検証してきました。最後に、Oki Dokiポイントとマイルに関する関係を表にまとめておきます。

決済の種類 Oki Doki
ポイント
マイル 備考
Edy
チャージ ×
使用 ×
使用 × AMCモバイルプラス加入の場合
上記に加えて付与
PiTaPa
チャージ × ×
使用 × ×
QUICPay
使用 × マイルに移行可能
ANA QUICPay+nanaco
nanacoチャージ × ×
nanaco使用 × × nanacoポイントはあり
QUICPay使用 × マイルに移行可能
QUICPay使用 セブンイレブンでの決済に限る。
nanacoポイントもあり

ANAカード入会キャンペーン2019〜2020

入会にあたっては、入会キャンペーンも見逃せません

今回はANA主催キャンペーンは発表されておらず、JCBのキャンペーンのみとなります。2020年3月2日ANAの新規入会キャンペーンが発動されました。詳細は追って。(JCBのキャンペーンページを参照してください。)

ANA JCBカード 入会キャンペーン | クレジットカードなら、JCBカード
ANA JCBカードのおトクなキャンペーン情報をご案内。入会や各種条件達成でマイルやOki Dokiポイントなどをプレゼントします。

JCB主催分の詳細は次の表のとおりです。STEP03のカードの利用額は、前回のキャンペーンよりもハードルが上がっています。

JCB主催
STEP 条件 マイル
01 指定期間内に入会し、キャンペーン参加登録
02 指定期間内にMyJチェック登録 4,500
03 指定期間内のカード利用
10万円以上 1,500
50万円以上 6,000
100万円以上 17,400

※MyJチェックは、利用代金明細書の郵送を省略する制度です。

過去のキャンペーンは、こちらを参照してください。

ANA JCB ワイドゴールドカード 過去の新規入会キャンペーンマイル 2018 - 2019
ANA JCBワイドゴールドカード新規入会キャンペーンの記録
登録期間など
STEP 区分 期間 ポイント加算時期
01 入会・アップグレードの申し込み 2020年3月1日(日)~2020年4月30日(木)JCBお申込み受付まで
入会年月日(カード発行)2020年6月30日(火)まで
キャンペーン参加登録期間 2020年3月1日(日)~2020年7月31日(金)
02 MyJチェック登録期間 2020年3月1日(日)~2020年7月31日(金) 2020年9月下旬
03 カードの利用期間 入会~2020年7月31日(金) 2020年9月下旬

2019年11月1日からの追加キャンペーンが発表

2種類のキャンペーンが追加で発表されています。

  1. キャッシングサービス(融資)枠セットキャンペーン
  2. スマリボ登録キャンペーン

1のキャッシングサービス枠セットキャンペーンは、条件達成で300マイル相当。2のスマリボ登録キャンペーンは、条件達成で3,000マイル相当のポイントが付与されます。
しかし、キャッシング枠設定はともかく、リボは、相当うまくコントロールしないと大きな金利が発生するので、安易な登録は危険です。
ここでは詳細は省略しますので、下記のJCBキャンペーンページでご確認ください。

詳細確認

詳細は、次のリンクを参照してください。
※JCB Oki Dokiポイントのボーナスポイントは、手動でマイルに移行する必要があります。

ANA JCBカード 入会キャンペーン | クレジットカードなら、JCBカード
ANA JCBカードのおトクなキャンペーン情報をご案内。入会や各種条件達成でマイルやOki Dokiポイントなどをプレゼントします。

マイ友プログラムに事前登録するだけで更にマイルを獲得

マイ友プログラムとは

マイ友プログラムはANAカード公式の会員紹介制度です。既存のANAカード会員が新規カード会員を紹介すると、紹介者、新規会員の双方にマイルが付与されます。付与されるマイルはカードの種類により100から5,500マイルですが、ANA JCBワイドゴールドカードの場合は双方に2,000マイルずつです。
これはキャンペーンポイントとは違って達成条件がなく、入会申し込み前に紹介者を登録しておくだけで、もれなくマイルが貰えます。取りこぼしがないよう、必ず事前登録しておいてください。
マイル付与の対象者等、若干の制限があるので、ANA公式または、当サイト内の解説ページを参照してください。

マイ友プログラム マイ友プログラム始まる! お友達にシェアしよう! | ANAマイレージクラブ
【ANA公式サイト】。あなたの旅や暮らしを豊かに彩る「ANAマイレージクラブ」。特典航空券や、キャンペーンなどANAのマイルを貯めて使えるサービス満載。
【ANAカードご紹介】マイ友プログラム紹介番号をシェアします
ANAカードに新規入会を検討中の皆様、ぜひともマイ友プログラムを活用してください。通常入会キャンペーンマイルに最大5,500マイルが追加されます。また、このページでは私の紹介番号を公開しています。
<参考>カードのランクと付与マイル
入会カード 入会者 紹介者
一般、ワイド 500マイル 500マイル
ゴールド 2,000マイル 2,000マイル
プレミアム 5,500マイル 5,500マイル

登録方法

登録の前に

紹介者は、前もってANAカードのサイトで紹介者番号を取得しておく必要があります。
家族や友人、知人でANAカード会員がいれば、頼んでみてください。
手っ取り早く手続きを進めたい方は、以下に記載している私の紹介者番号を使ってください。 私の紹介者番号を使用しても、あなたの個人情報は私には一切開示されませんので、ご安心ください。

1.必ず事前登録

紹介者番号の登録は、必ずカード入会申し込みの前に行ってください。事後に登録してもマイルはもらえません

2.登録用ページを開く

このリンクからマイ友プログラムの登録ページを開いてください。新規ウインドウで開きます。

https://www.ana.co.jp/amc/reference/anacard/mgm/regist/

注意事項などをよく読み、ページ内の「登録用ページ」ボタンをクリック。

3.紹介者情報・申込者情報を入力

紹介者・申込者の入力画面に遷移しています。
私の紹介番号を使用する場合は、画像のとおり入力してください。
申込者情報に、あなたの氏名・生年月日を入力して、「次へ」。

4.登録内容の確認

内容に誤りがなければ「登録する」。

5.登録完了

これで登録は完了です。
3か月以内に入会が完了すれば、ANA JCBワイドゴールドカードの場合は、2,000マイルが積算されます。
積算のタイミングは、カード送達後10日以内とのことです。
表示されているボタンから入会することもできますし、紙の申込書で入会しても対象になります。
もちろんポイントサイト経由でも大丈夫です。

以上、追加情報として、簡単な手続きで、通常入会マイルと入会キャンペーンマイルにマイ友プログラムのマイルを追加する方法をお伝えしました。
ANAカードに新規入会される場合は、マイ友プログラムの利用を強く推奨します。

Good day!
KYタケオカ